ABOUT UMU – Japanese

 
不妊、産む、産まないに向き合うすべての女性たちへ。未来をともに育むメディア

産む、というテーマには、本当にさまざまなものが関わっています。
授かりたい、育てたい、家族を作りたいという願い。自分らしく生きたい、という想い。
遺伝子を残すという、生き物としての本能。家の血を継ぐという、伝統や考え方。

 一方、いざ「“私”は、産むの?産めるの?」という岐路に立つとき、私たちは、このことについて「驚くほど無知だった」という事実に、初めて気付かされるのです。

 人生の選択が多様化する現代においても、なお「子を産んで一人前」「自然に授かれて当たり前」という“常識”は未だ、根強いもの。けれど同時に、それとは“ちょっと違う”人生のカタチも日々、生まれ続けています。その一人一人が越えてきた葛藤や、隠された想いを、社会はまだ知りません。

 この複雑な時代に、私たちは、産むにまつわるさまざまな選択を越え、美しく生きる、女性たちのリアルストーリーをお届けします。そして、いままさに直面する、これから直面しようとしている人たちが知りたいこと、気になること、その大小色々のリアリティを、分かち合います。

正解の見えない選択と向き合うすべての女性の「生きる力」を、応援する。

あなたとともに、あなたらしい未来を。それが私たち、UMUです。

 

本サイトの考え方
UMUがつくりたいのは、「産む〜育てる」にまつわる選択や体験を、みんながオープンに語れる社会です。「産む?産めない?産まない?」を考えることは、命と向き合うこと。誰も無関係ではない普遍的なテーマだから、タブー視せず、一人一人の想いに触れられる世の中は、よりよい未来であるはず、と考えます。

この考え方に基づき、UMUは、以下の点を大切に運営を行なっています。
・個人の体験や想いを伝えるため、基本的に「実名記事」とし、極力本人の言葉、言い回しのまま掲載しています。
・一方、明らかな誤りや誤解を招かないよう、とりわけ医療的内容に関する記述を中心に、適宜専門家のアドバイス等も踏まえて編集しています。また、病院名や居住地等が特定できる情報は、割愛する等の配慮をしています。
・記事内容はあくまで個々の体験談や感想であり、本サイトとして特定の医療方針や、その有効性・是非等を推奨する意図は一切ありません。患者体験としても生の声を届けることで、一般読者だけではなく、医療関係者の方々にもご参考にしていただけるものをめざしています。
その他、お気づきの点があれば、以下の連絡先までご一報くだされば幸いです。

 

運営会社

株式会社ライフサカス ( LIFE CIRCUS Inc.)
www.lifecircus.jp

*当社UMU編集部は、みなさまのお声をもとに、より良いメディアをつくって行きたいと思っています。ご意見、ご感想をぜひお聞かせください。お仕事のご依頼、ご相談も、随時受け付けております。